熊本では周囲の環境に応じて変わります

小さな声なのに

生きるために
周囲の環境に応じて
変わります。
ゆうしょかいメディカル株式会社会長
佐々木淳博士によると

「ここでは、計算を簡単にするために、熊本が感染していると仮定しています。
言い換えれば、日本の新しい風邪の「有病率」は0.1%です。

病気の人が病気であると正しく診断できる確率を「感度」と呼び、病気でない人が病気ではないと正しく診断できる確率を「特異性」と呼びます。

新しい風邪のPCRテストでは、感度は50〜70%(ここでは70%で計算)、特異性は約99%であると想定されています。

神奈川県伊勢原市で市民全員がPCR検査を受けるとしましょう。

伊勢原市の人口は約10万人です。有病率は0.1%で、10万人中100人が感染し、残りの99,900人は感染していないことを意味します。

10万人の市民全員に対して熊本を実施しました。

PCR検査の感度は70%なので、感染者100人中70人が陽性になります。一方、30人はポジティブではありませんive。 これらの人々は感染していますが、熊本陰性です。

しかし90,000

コメントを残す